入れ歯

入れ歯、義歯について

入れ歯とは

入れ歯は、失った歯の代わりとなるものです。
入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があり、部分入れ歯は1歯欠損から1歯残存までの症例に使用される義歯であり、全部床義歯は残存歯が全く無い症例に使用する義歯を言います。

金属床の治療例
保険診療

保険義歯と自費義歯

入れ歯には、健康保険適用の保険義歯と健康保険適用外の自費義歯の2種類があります。
診療内容や義歯に使用される材料の違いによって分けられます。

目立たない入れ歯

入れ歯は、見た目を非常に気にされる方も多いと思います。
砂田歯科医院では、見た目があまり気にならないバネの無い部分入れ歯、スマートデンチャーをお勧めしています。

スマートデンチャー

スマートデンチャーの特徴

スマートデンチャーは金属のバネが無い入れ歯です。
最大の特徴は、見た目の美しさを限りなく追求して、さらに機能性、安全性をも備えた新しい入れ歯であるという点です。スマートデンチャーは、見た目が綺麗なため、入れ歯と気付かれないほど自然な入れ歯です。

スマートデンチャー症例写真

スマートデンチャー症例写真
自由診療

金属床(総入れ歯)

金属床の特徴

レジン床に比べ強度があります。床を薄くすることが可能ですので違和感が少ないのが金属床の特徴です。
現在のご使用の入れ歯に違和感等を感じている方は、是非ご相談ください。

金属床の治療料金

  • 純チタン(1床):350,000円(税別)

※現在、金属の価格が変動しておりますので、料金は変更になる場合がございます。

診療内容一覧

  • インプラント治療
  • 歯列矯正
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 入れ歯

アクセスマップ